大丸鋼材株式会社

大型リング鍛造とは

鍛造(たんぞう)とは、読んで字の如く金属を鍛(きた)えて造る加工法です。古来より日本刀などで用いられてきたこの技術は、金属の塊であるスラブ材やビレット材などに大きな圧力をかけて組織を緻密にし、強度を高めらながら同時に目的の形状へ成形します。この時、輪の形状に加工するのがリング鍛造です。なお、大丸鋼材株式会社では西日本最大級の最大外径4000mmの大型リング鍛造が可能です。

  • スラブ材やビレット材など

    スラブ材やビレット材など

  • 4000トン水圧プレスで加圧

    4000トン水圧プレスで加圧

  • リングに加工成形

    リングに加工成形

当社で対応可能な金属 取り扱い素材
もっと詳しい製造の流れ 製造工程

大型リング鍛造のメリット

弊社の大型リング鍛造には次のメリットがございます。

大型
西日本最大級のリング圧延機で、
最大外径4000mmの大型リング製造を誇ります。
※運搬の都合上、出荷可能な最大外径は3800mm
堅牢
高圧プレスで鍛造するため非常に高い強度を誇ります。熱処理歪みの影響が小さく、円周方向の機械的性質が強靱で寸法精度が非常に良いのが大きな特徴です。
実績
創業昭和31年の実績。複数の非破壊検査などを始め、安定した品質と出荷実績で数々のお取引先と末永いお付き合いをさせて頂いております。
安価
鍛造では目的の形状に成形されるため機械加工が最小限で済み、コストの低減に繋がります。例えば旋盤加工と比較すると、荒削りなども無く大幅なコストダウンが図れます。

大型リング鍛造で出来る事

弊社の大型リング鍛造はクレーンの旋回部や、発電所などで多用されるフランジ継手、工業用重機や船舶など、実に多方面で活躍しております。

  • クレーン

    クレーン

  • フランジ継手

    フランジ継手

  • 工業用重機

    工業用重機

  • 風力発電

    風力発電

  • 船舶

    船舶

  • 工業用重機

    工業用重機